終身型の保険に加入すると、プランがそのままで継続され変更もできない。

そう思いがちですが、最近の保険には将来のニーズに合わせて変更できる商品もあります。

一生、健康でいられたら良いのですが、こればかりは予測がつきません。

ゆえに保険選びの難しさもそこにあります。

健康であったとしても、要介護者になっているかもしれない。

年金給付も現段階では不透明な面さえあります。

そんな将来の暮らしに合わせられる保険があるのでチェックしてみる価値ありだと思います。

将来のニーズに合わせて変えられるタイプは解約時の払戻金が抑えられているタイプが多いようです。

その分、ニーズが変えられるのですね。

大手の場合、セット型が多いのですが、プランを変更すると、まったく別の商品として更新され、保険料が上がるケースもあります。

万一起こらなければ、保険はいらない。

その際に困らないようにするのが保険の役目です。

死亡保障だけでなく、終身型では介護や年金のことも考えて、プランを組み立てると良いと思います。

保険は設計力が大事です。

様々な商品が出ているので、パンフレットを取り寄せただけでは分かりにくいケースも多いです。

私は保険やローンなど家計の専門家とも言えるファイナンシャルプランナーの方に相談しましたが、プロの眼からのおすすめは意外なケース、おトクなケースもあります。

一生涯の死亡保障で選択する終身型の保険。

どの程度の介護で保障が受けられるのか、また死亡保障の額はどれぐらいが適切か、いろんな角度からみることが大切だと思います。

Leave a Reply