生命保険に加入するときには、いろいろな商品を比較してどれが自分に合っているのかを検討する必要があります。生命保険を検討するときには、終身型にするか更新型にするかということも考慮する必要があります。終身型の保険とは、保険期間を定めずに一生涯にわたって保障が続くタイプの保険です。終身型の保険は、更新がないので、保険料が加入時のまま変わらないということが特徴となっています。そのため、保険料は更新型と比べるとやや高めになります。


終身型の保険は、加入時の保険料は定期型に比べると高いので、終身型ですべての保障を準備しようと思うと保険料はかなり高めになってしまいます。当初考えていた保険料をオーバーしてしまうということもあるかもしれません。そこで、終身型と定期型で半分ずつ保障を持ったり、一生涯持ちたい重要な保険だけ終身型で持つなど、上手く組み合わせて保険を選ぶという方法で生命保険を持つというのも良いようです。終身型と定期型の特徴をよく理解して保険を選びましょう。


終身型と定期型の保険を上手く組み合わせた保険商品に、定期保険付終身保険があります。定期付終身保険とは、一生涯持ちたい終身保険は終身型として持ち、その上に定期型の定期保険を乗せるというものです。大きな保険が必要な期間だけ定期型の定期保険で大きな保障を準備し、大きな保障が必要なくなったときに、定期保険の部分を外して終身型の終身保険だけを残すということができ保険です。このように終身型と定期型の保険を上手く組み合わせた商品もあるようです。

Leave a Reply